富士通

法人のお客様はこちら

  1. 個人のお客様 > 
  2. 富士通パソコン通販トップ > 
(表示価格は全て税込です)
ご購入相談からご注文まで 0120-719-242

SSL/TLS通信による暗号化設定の変更について[TLS脆弱性対応]

2018/7/31

富士通株式会社

富士通クライアントコンピューティング株式会社

平素はWEB MARTをご利用くださいまして、ありがとうございます。

現在、WEB MARTで対応している「TLS 1.0」および「TLS 1.1」による通信暗号化を、セキュリティ確保の観点から下記の日程で無効化することにいたしました。

SSL/TLS通信をする際の設定バージョンが「TLS 1.0」および「TLS 1.1」の場合、2018年8月7日以降、本サイトをご利用いただけなくなる可能性がございます。
「TLS1.2」に対応するブラウザにバージョンアップの上、「TLS1.2」を有効にしていただきますようお願いいたします。

対応実施

2018年8月7日より

影響のある主なブラウザ

以下の環境のお客さまは「TLS1.2」に対応するブラウザにバージョンアップをお願いいたします。

  ブラウザ(OS)
PC Internet Explorer 7 以前
Google Chrome 29 以前
Mozilla Firefox 23 以前
Mac Safari 6 以前
スマートフォン Android 4.3 以前
iOS Safari 4 以前

「TLS1.2」を有効にする方法

TLS1.2を有効にするため、下記手順にてブラウザの設定変更をお願いいたします。

Internet Explorer 11 の場合

  1. メニューバーの「ツール」を押して、「インターネットオプション」を選択してください。
  2. 「インターネットオプション」画面の「詳細設定」タブを選択してください。
  3. 「設定」枠内にある「セキュリティ」にて、「TLS1.2の使用」にチェックが入っていない場合はチェックを入れてください。
  4. 「TLS1.2の使用」にチェックが入っていることを確認し、「OK」のボタンを押してください。
  5. Internet Explorerを再起動してください。

(注意)
「TLS1.0を使用する」および「TLS1.1の使用」の項目については、既存の設定のまま変更しないでください。
従来使用できていたサイトにアクセスできなくなる可能性があります。

Google Chrome の場合

  1. 右上のメニューボタンを押して、「設定」を選択してください。
  2. 「設定」画面の最下部にある「詳細設定」を押して、「システム」枠内にある「プロキシ設定を開く」を選択してください。
  3. 「インターネットのプロパティ」画面の「詳細設定」タブを選択してください。
  4. 「設定」枠内にある「セキュリティ」にて、「TLS1.2の使用」にチェックが入っていない場合はチェックを入れてください。
  5. 「TLS1.2の使用」にチェックが入っていることを確認し、「OK」のボタンを押してください。
  6. Google Chromeを再起動してください。

Mozilla Firefox の場合

  1. URL入力欄に ”about:config” と入力し、Enterを押してください。
  2. ”動作保証対象外になります!”と表示されますが、「危険性を承知の上で使用する」を選択してください。
  3. 「設定名:security.tls.version.max」の値を【3】に変更してください。
  4. Mozilla Firefoxを再起動してください。

今後とも、より一層のご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

以上

 

ラインナップ

おすすめパソコン価格情報
デスクトップパソコンFMV ESPRIMO
ノートパソコンFMV LIFEBOOK
Windowsタブレットarrows Tab

[個人のお客様] FMVパソコン | [法人のお客様] ビジネスパソコン