富士通がお勧めする Windows.

ESPRIMO D550/BW(2011年5月発表モデル) こだわり

  • 製品詳細
  • 仕様
  • 外観
  • こだわり

信頼性|システム復旧・データ復旧や厳しい品質管理で、高い信頼性を実現

Easy Backup

データ(ファイル・フォルダ)をハードディスクの別の場所(任意のフォルダ)に簡単に保存したり、逆に保存されているデータを元の場所に簡単に復元したりすることができます。「お気に入り」「マイドキュメント」「デスクトップ」のデータや、「任意のファイル・フォルダ」を指定してバックアップすることが可能です。バックアップを行っておけば、誤って大切なデータを削除してしまった場合でも、元の場所にデータを復元することができます。バックアップしたファイルやフォルダは、バックアップ時と同じOSやソフトのバージョンのみ、復元可能です。

高信頼性への取り組み

安全/高信頼の
部品採用
安全、高信頼の実現に向け、部品の採用段階から厳しい評価を行い、最良の部品を厳選しています。高電圧/高エネルギーとなる電源部については、部品故障を想定したテストを行い安全/高信頼を実現するよう部品採用を行っています。
安定稼働への配慮 装置の安定稼働のために熱流体解析を行い、装置内部の高発熱ユニットの放熱について設計段階から配慮しています。さらに、接合部品(メモリ/内蔵カード/内蔵記憶装置など)には接触抵抗や異種金属接合の影響を最小限に抑えるコネクタ(金メッキ/同質素材)を採用し、抜け防止や誤挿入防止機構も取り入れ、安定稼働を実現しています。
使用環境への配慮 ESPRIMOは電磁妨害波規格VCCI(情報処理装置等電波障害自主規制協議会)に適合し、国際安全規格IEC60950-1に準拠しています。また、オフィスへの設置に配慮した静音設計を行い、さらに非梱包状態での振動試験を行うなど使用環境にも配慮しています。
システム試験 高電圧/低電圧のAC電圧変動やカタログ仕様での保証温度を超えた温度環境下といった高負荷環境下でのシステム試験を行っています。

評価試験の様子がムービーでご覧になれます

オフィスの省電力をサポートする節電機能

電源連動式サービスコンセントによる省エネルギー

パソコン本体の電源をONにすると、同時にディスプレイの電源もONになる電源連動式サービスコンセントを採用。本体電源OFF時と本体省電力時にディスプレイへの電源供給がストップ。ディスプレイの消し忘れを防ぎます。また、ディスプレイの電源を本体より供給できるため、ケーブル混線を防ぎます。


待機時の消費電力をゼロにするメインスイッチを装備

帰社時や出張時など、パソコンを使用しない時は、メインスイッチをOFFにすることで、待機電力をゼロにすることが可能。コンセントからプラグを抜くことなく、手軽に節電が行えます。


液晶ディスプレイの省電力機能

エコゲージ

ディスプレイに、消費電力削減量を表示します。


明るさセンサー(エコモード)

オフィスの明るさに応じて画面の明るさを自動調整し、消費電力を低減。


エコブート

OSの起動時など、1280×1024ドット未満の解像度を表示している場合、輝度を最小にして電力を削減します。


エコノミースター/おまかせエコ(17型ディスプレイのみ)

「エコモード」を選択した場合、現在の省電力効果をわかりやすく「星マーク」で表示します。また、画質モードに応じて最適なエコモードを自動切替えします。


ユーザビリティ|使いやすい設計やデザインにこだわり、操作性をさらに向上。

「ESPRIMOをより多くのお客様に使いやすく」をめざして、ユニバーサル・デザイン(注1)を推進

レーザー刻印キーボード

キーボードの印字にレーザー刻印を採用。長期間の利用でも文字がかすれにくいキーボードです。

見やすいキートップ(注2)

読みやすい書体で、より大きく表示。見やすさを高めています。

(注2)本体標準添付の日本語キーボード(109Aキー)、別売オプション商品のOADGキーボード(109Aキー)、OADGキーボード(109キー/USB)にて対応。

コネクタを色分け

わかりやすい絵文字(ピクトグラム)

スピーカーやキーボードとパソコン本体の接続をわかりやすくするために、コネクタを色分けしています。

コントラストが高く、見やすい絵文字(ピクトグラム)を採用しています。インターフェースの種別を分かりやすく工夫しています。


(注1)ユニバーサル・デザインとはできる限り多くの人々に利用可能なように、最初から意図して機器などをデザイン(計画・設計)すること。

富士通のデザインコンセプト"Thoughtful Design"

環境への配慮|環境と人どちらにもやさしい。それが富士通がお届けするエコ・デザインです。

特定化学物質の使用抑制

J-Mossグリーンマーク

J-Mossグリーンマーク

J-Mossグリーンマークは、JIS C 0950:2008に規定される特定化学物質(鉛・六価クロム・水銀・カドミウム・PBB(ポリ臭化ビフェニル)・PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)の6物質)の含有マークの表示が必要ない製品に表示できるマークです。ESPRIMO D550/BWはJ-Mossグリーンマークに対応しています。
J-Mossグリーンマーク製品の詳細情報


RoHS指令

電気・電子機器に含まれる特定化学物質<鉛、六価クロム、水銀、カドミウム、PBB(ポリ臭化ビフェニル)、PBDE(ポリ臭化ジフェニルエーテル)の6物質>の使用を制限する欧州の規定である「RoHS指令」に対応しています。

ハロゲンフリー樹脂

燃焼時にダイオキシンを発生させないハロゲンフリー樹脂を製品のボディーに採用しています。

環境負荷の低減

再生プラスチック

資源の有効利用のため、製品のボディーの一部に再生プラスチックを使用。

無塗装プラスチック筐体

VOC削減とリサイクルのためプラスチック筐体の無塗装を採用。

植物油インキ使用包装箱

梱包する段ボールの印刷に環境負荷の少ない植物油インキを使用。

Made in JAPAN|「信頼」と「高品質」のMade in JAPAN


富士通はパソコン本体の部品受入検査・CPU組込み・最終組立て・出荷検査(品質管理)を国内で実施しています。 「Made in JAPAN」だからこそ実施できる高品質、そして使いやすさへの配慮。お客様からいただいたご意見は開発拠点に集められ、生産拠点にフィードバック。使いやすさの向上、確実な信頼性の確立など、より良い製品作りのために活用しています。

WEB MARTダイレクトシリーズ(ESPRIMO) 旧モデルを見る

製品名 製品情報
DシリーズFMV-D12002008年11月版
FMV-D12102009年5月版
FMV-D12202009年10月版
ESPRIMO D530/AW2010年4月版
ESPRIMO D550/AW2010年6月版
ESPRIMO D550/BW2010年10月版

閉じる