富士通がお勧めする Windows.

ESPRIMO D582/FW、D551/FW 仕様

  • 製品詳細
  • 仕様
  • 外観
  • こだわり

赤字」で記した箇所は構成の変更が可能です。ただし、構成によってはカスタムメイドが出来ない場合があります。
本仕様一覧では選択できるすべての構成を記載しております。

シリーズ名/品名 Dシリーズ
ESPRIMO D582/FW ESPRIMO D551/FW
OS
(いずれか1つを選択)
Windows 8(64bit版) (注27)
Windows 8 Pro(64bit版) (注27)
Windows® 7 Professional(32bit版) SP1 (Windows 8 Pro ダウングレード) (注26)
CPU インテル® Core™ i7-3770
プロセッサー
インテル® Core™ i5-3470
プロセッサー
インテル® Core™ i3-3220
プロセッサー
インテル® Celeron®-G550
プロセッサー
クロック数 3.40GHz 3.20GHz 3.30GHz 2.60GHz
インテル® ターボ・ブースト・
テクノロジー対応最大周波数
3.90GHz 3.60GHz
コア数/スレッド数 4/8 4/4 2/4 2/2
ハイパースレッディング・
テクノロジ
キャッシュメモリ
(CPU内蔵)
2次/3次 256KB×4/8MB 256KB×4/6MB 256KB×2/3MB 256KB×2/2MB
チップセット インテル® B75 Express インテル® H61 Express
システムバス/メモリバス 5GT/s(DMI)(注25)/1600MHz 5GT/s(DMI)(注25)/1333MHz 5GT/s(DMI)(注25)/1066MHz
メインメモリ 標準/
最大
32bitOS 標準2GB/最大4GB(注14)(PC3-12800 DDR3 SDRAM DIMM CL11)(注28)
64bitOS 標準2GB/最大16GB(PC3-12800 DDR3 SDRAM DIMM CL11)(注28)(注29) 標準2GB/最大8GB(PC3-12800 DDR3 SDRAM DIMM CL11)(注28)(注29)
拡張メモリスロット[空き] 4[3](注1) 2[1](注1)
表示機能 グラフィックアクセラレーター Intel® HD Graphics 4000
(CPUに内蔵)
Intel® HD Graphics 2500
(CPUに内蔵)
Intel® HD Graphics 2000
(CPUに内蔵)
Intel® HD Graphics
(CPUに内蔵)
ビデオメモリ 最大735MB(メインメモリと共有)(Windows 8 Pro、Windows 8)(注15)
最大774MB(メインメモリと共有)(Windows® 7 Pro)(注15)
最大735MB(メインメモリと共有)(Windows 8 Pro、Windows 8 Home)(注15)
最大774MB(メインメモリと共有)(Windows® 7 Pro)(注15)
解像度(注2)/
発色数(注3)
800×600ドット、1024×768ドット、1280×1024ドット、1440×900ドット、1600×1200ドット、1680×1050ドット、1920×1080ドット、1920×1200ドット/1677万色
標準搭載LCD
(解像度、発色数)
なし/17型LCD(最大1280×1024ドット、1677万色)/
20型ワイドLCD(最大1680×900ドット、1677万色) / 22型ワイドLCD(最大1680×1050ドット、1677万色)
ハードディスクドライブ(注4) 250GB/500GB(7200rpm、Serial ATA/600
CD/DVDドライブ(SATA)
(注:別表参照
DVD-ROM(厚型)/スーパーマルチ(厚型)
オーディオ機能 チップセット内蔵+High Definition Audioコーデック
(最大192kHz/24ビット)(注22)
ステレオPCM同時録音再生機能、MIDI再生機能[OS標準]
スピーカー なし
通信 LAN(注5) 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T準拠、Wakeup on LAN対応 (注17)
セキュリティチップ なし
インターフェース ディスプレイ デジタルディスプレイ(DVI-D準拠(注23)、HDCP対応(注24))
24ピン×1、アナログRGBミニD-sub 15ピン×1
シリアル(注6) RS-232C D-SUB9ピン×1(16550A互換) なし
パラレル(注7) セントロニクス準拠 ECP/EPP対応 D-SUB25ピン×1 なし
キーボード/マウス PS/2準拠 ミニDIN6ピン×2(キーボード用×1、マウス用×1)
USB(注8) USB 2.0準拠4ピン×4(フロント×2、リア×2)、
USB 3.0準拠9ピン×4(リア×4)
USB 2.0準拠4ピン×6(フロント×2、リア×4)
LAN RJ45×1
オーディオ マイク端子(フロント×1、リア×1)、ヘッドホン端子(フロント)、ラインイン端子、ラインアウト端子(リア)
拡張スロット[空き](注9)/
PCIスロットサイズ/長さ×幅
PCI×2[2]/176mm×107mm なし
ベイ(注9) 5"ベイ[空き] 1[0]
内蔵3.5"ベイ[空き] 1[0]
キーボード 日本語キーボード(109Aキー)添付
マウス PS/2スクロールマウス(注16) /USB光学式マウス /USBレーザーマウス
電源 電源/周波数 AC100V±10%(ACアウトレット付)(注18)、
50 / 60Hz+2%-4%(注19)
入力コンセント 平行2Pアース付(2P変換プラグ付)
消費電力(注10) 28W 26W 26W 26W
最大構成での消費電力(注11) 129W 129W 111W 82W
定格電流/最大消費電力
(注12)(本体のみ)
7A / 約554W(約329W) 7A / 約554W(約329W) 7A / 約554W(約329W) 7A / 約554W(約329W)
電波障害対策 VCCI Class B VCCI Class B
省エネ法に基づくエネルギー消費効率
2011年度基準(注13)
U区分0.11(AAA) U区分0.12(AAA) W区分0.20(AA) W区分0.26(AA)
外形寸法(W×D×H)(注20) 89×338×332mm(縦置時)、179×338×344mm(縦置用フット装着時)、横置可(注20)(注21) 89×338×332mm(縦置時)、179×338×344mm(縦置用フット装着時)、横置可(注20)(注21)
質量(注9) 約6.8kg 約6.6kg
温湿度条件 温度10〜35℃/湿度20〜80%RH(動作時)、
温度-10〜60℃/湿度20〜80%RH(非動作時)
(ただし、動作時、非動作時とも結露しないこと)
注1: 搭載メモリの構成によっては、出荷時に空きスロットの数が変わる場合があります。
注2: 本解像度をサポートしたディスプレイでのみお使いになれます。お使いのディスプレイによっては正しく表示されない場合があります。
注3: 表示モードについては、接続するディスプレイとの組み合わせにより表示できない場合があります。接続するディスプレイがサポートしている表示モードを確認の上、接続してください。
注4: 本ハードディスクは2つのパーティションに分割されて出荷されています。
「Windows 8 ProおよびWindows 8 Home の場合」Windows RE領域+トラブル解決ナビ:約20GB、システム領域:約0.2GB使用。選択したHDD容量より約21.2GBを除いた容量の約50%ずつが、パーティション3(Cドライブ)/パーティション4(Dドライブ)となります。また、初回セットアップ時に「ハードディスク領域変更ツール」が表示され、CドライブとDドライブの容量を変更できます。なお、各パーティションのファイルシステムはいずれも、NTFSとなります。
「Windows® 7 Professional の場合」Windows RE領域+リカバリ領域:約20GB、システム領域:約0.2GB使用。選択したHDD容量より約21.2GBを除いた容量の約50%ずつが、パーティション3(Cドライブ)/パーティション4(Dドライブ)となります。また、初回セットアップ時に「ハードディスク領域変更ツール」が表示され、CドライブとDドライブの容量を変更できます。なお、各パーティションのファイルシステムはいずれも、NTFSとなります。
注5: 1000Mbpsは1000BASE-Tの理論上の最高速度であり、実際の通信速度はお使いの機器やネットワーク環境により異なります。必ず1000BASE-Tに対応したHUBとケーブルをご使用ください。また、1000Mbpsの速度しかサポートしていないHUBでは、Wakeup on LAN機能はご使用になれません。
注6: すべてのシリアル対応機器の動作を保証するものではありません。
注7: すべてのパラレル対応機器の動作を保証するものではありません。
注8: すべてのUSB機器について動作保証するものではありません。
注9: 空きベイ、空きスロットの数、質量は選択されたオプションにより異なります。また空きベイに、内蔵CD/DVDなどのデバイスの追加はできません。内蔵デバイスをご要望の場合は、本体と同時手配となります。
注10: 標準構成(カスタムメイドしていない構成)でOSを起動させた状態での本体のみの測定値です。
注11: 本パソコンで選択可能なカスタムメイドの最大構成で測定。USBポートおよびカスタムメイドで使用しないPCIスロットは空きとする。測定プログラムは当社独自の高負荷試験テストプログラムを使用。
注12: アウトレット:3A/300VAを含んだ値となります。
注13: エネルギー消費効率とは省エネ法で定める測定方法により測定した消費電力を省エネ法で定める複合理論性能(単位:ギガ演算)で除したものです。カッコ内の数値は省エネルギー基準達成率を示します。
達成率が100%を超えるものは、次のようにアルファベットで表記しています。A:100%以上200%未満、AA:200%以上500%未満、AAA:500%以上
注14: 32bit版OSが使用可能な領域は約3GBになります。
注15: Intel® Dynamic Video Memory Technology(DVMT)により、パソコンの動作状況によってメモリ容量が変化します。ビデオメモリの容量を任意に変更することはできません。
注16: 人の往来の多い場所や工場現場など、埃が多いと思われる環境では、光学式マウスまたはレーザー式マウスのご使用をお勧めします。
注17: Wakeup on LANの出荷時のBIOS設定は「使用しない」となっております。使用環境に制限があるため、ご使用の際には、マニュアルをご覧の上「使用する」に変更してください。
注18: 最大供給電流:約3.0A/100V(300VA)。
注19: 入力波形は正弦波のみをサポート。
注20: 横置時、本体の上に置けるディスプレイの重量は、13kg以下までとなります。
注21: 本体の前面は開放の上、設置の際は本体と周囲の壁の間に15cm以上の隙間をあけ通気孔を塞がないでください。なお、ラックなどに収納する場合前面にドアがないものおよび、背面が塞がれてないものをお使いください。
注22: 再生時。録音時は最大96kHz/16ビットです。なお、使用できるサンプリングレートは、ソフトウェアによって異なります。
注23: アナログ出力に変換できません。
注24: 著作権保護された映像を再生する場合は、HDCP対応のデジタルディスプレイをお使いください。
注25: DMIは、Direct Media Interfaceの略語です。
注26: 日本語32bit版 OS。
注27: 日本語64bit版 OS。
注28: メモリバスが1333MHzはPC3-10600で動作。メモリバスが1066MHzはPC3-8500で動作。
注29: カスタムメイドで選択可能なメモリは4GBメモリまでです。

CD/DVDドライブ仕様一覧

ドライブ 読出速度 書込速度
DVD-ROMドライブ(厚型) CD-ROM:読出最大40倍速、
CD-R:読出最大40倍速、
CD-RW:読出最大40倍速、
DVD-ROM:読出最大16倍速、
DVD-RAM:読出最大5倍速、
DVD-R:読出最大8倍速、
DVD-R DL:読出最大8倍速、
DVD-RW:読出最大8倍速、
DVD+R:読出最大8倍速、
DVD+R DL:読出最大8倍速、
DVD+RW:読出最大8倍速
-
スーパーマルチ
ドライブ(厚型)
CD-ROM:読出最大40倍速、
CD-R:読出最大40倍速、
CD-RW:読出最大40倍速、
DVD-ROM:読出最大16倍速、
DVD-RAM:読出最大5倍速、
DVD-R:読出最大10倍速、
DVD-R DL:読出最大8倍速、
DVD-RW:読出最大8倍速、
DVD+R:読出最大10倍速、
DVD+R DL:読出最大8倍速、
DVD+RW:読出最大8倍速、
DVD-RAM2:読出最大12倍速
CD-R:書込最大40倍速、
CD-RW:書換最大10倍速、
DVD-RAM(注1):書換最大5倍速、
DVD-R:書込最大16倍速、
DVD-R DL:書込最大8倍速、
DVD-RW:書換最大6倍速、
DVD+R:書込最大16倍速、
DVD+R DL:書込最大8倍速、
DVD+RW:書換最大8倍速、
DVD-RAM2:書換最大12倍速
バッファアンダーランエラー防止機能

[ご注意]

  • DVDソフトによっては再生できない場合があります。また、ディスクによってはご利用になれない場合もあります。読み出し、書き込み速度はメディアや動作環境によって異なる場合があります。DVD-RAMはカートリッジから取り出した状態あるいはカートリッジなしでご使用ください。
  • 書き込み/書き換え速度は、ドライブの性能値です。書き込み/書き換え速度に対応したメディアが必要になりますが、対応メディアは販売されていない場合があります。
  • Ultra Speed CD-RWディスクにはご使用になれません。
  • DVD-R DLは、DVD-R for DL Ver.3.0に準拠したディスクの書き込みに対応しています。ただし、追記には未対応です。追記モードで記録されたDVD-R DLの読み出しは保証しません。

注1:Windows® 7はFAT32、UDF1.5、UDF2.0の形式でのフォーマットと読み書きができます。またUDF1.5、UDF2.0(Windows Vista®/ Windows® 7で書き込まれたディスク)は読み出しのみ可能です。

今までに発表した製品 WEB MARTダイレクトシリーズ

閉じる