富士通がお勧めする Windows.

ESPRIMO D583/KW 製品詳細

本ページで紹介している機種は、2014年10月発表モデルです。

  • 製品詳細
  • 仕様
  • 外観
  • こだわり
WEB MARTダイレクトシリーズ コンパクト型 Dシリーズ ESPRIMO D583/KW

基本スペック

OS
Windows 8.1 (64bit版)
Windows 8.1 Pro (64bit版)
Windows(R) 7 Professional (32bit版) SP1 (Windows 8.1 Pro ダウングレード)
Windows(R) 7 Professional (64bit版) SP1 (Windows 8.1 Pro ダウングレード)
メモリ CPU チップセット
2GB(2GB×1)
4GB(4GB×1)
8GB(4GB×2)
インテル® Core™ i7-4790 プロセッサー(最大4.00GHz)(注1)
インテル® Core™ i5-4590 プロセッサー(最大3.70GHz)(注1)
インテル® Core™ i3-4160 プロセッサー(3.60GHz)
インテル® Celeron® プロセッサー G1840(2.80GHz)
インテル® B85 Express
HDD 光学ドライブ USB スロット
320GB
500GB
DVD-ROM(厚型)
スーパーマルチ(厚型)
USB 2.0:リア×4
USB 3.0:フロント×2、リア×2
(標準構成時)PCI×2
(グラフィックカード選択時)PCI×1

(注1)インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー動作時

搭載OS

Windows 8.1 (64bit版)
Windows 8.1 Pro (64bit版)
Windows(R) 7 Professional (32bit版) SP1 (Windows 8.1 Pro ダウングレード)
Windows(R) 7 Professional (64bit版) SP1 (Windows 8.1 Pro ダウングレード)
から選択可能。

省スペース筐体に4種類のCPUを搭載可能

インテル(R) Core(TM) i7プロセッサーインテル(R) Core(TM) i5プロセッサーインテル(R) Core(TM) i3プロセッサー

「インテル® Core™ i3プロセッサー」、「インテル® Celeron® プロセッサー」に加え、「インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」に対応したインテル® Core™ i7 / インテル® Core™ i5プロセッサーを搭載可能。

ビジネスユースでニーズの高い構成にフォーカス。用途に応じた構成を選択可能です。

メモリ、ハードディスクをはじめ、CD/DVD、アプリケーションなど多彩なメニューを用意。用途に応じた構成を選択できます。

さまざまなビジネスに活用できる、豊富なアプリケーションを標準添付

Microsoft Office Personal 2013 / Microsoft Office Home&Business 2013 / Microsoft Office Professional 2013 /
Microsoft Office Personal Premium / Microsoft Office Home&Business Premium /
Microsoft Office Professional Premium(カスタムメイド)

カスタムメイドにより、ビジネス文書作成や表計算などに便利なOfficeソフトウェアを搭載可能。

PC乗り換えガイド

今までお使いになっていたパソコンから、現在お使いのパソコンへ必要なデータを移行するお手伝いをするガイドを標準添付しています。お手持ちのパソコンの環境にあわせて、データの移行の仕方を選ぶことができます。

インストールソフトウェアについてはこちらをご覧ください

セカンドカラー変更

カスタムメイドメニューの「セカンドカラー変更」にて本体前面部の赤いポイントカラーをグレーへ変更することができます。

セカンドカラー変更

節電対応

電源連動式サービスコンセントによる省エネルギー

パソコン本体の電源をONにすると、同時にディスプレイの電源もONになる電源連動式サービスコンセントを採用。本体電源OFF時と本体省電力時にディスプレイへの電源供給がストップ。ディスプレイの消し忘れを防ぎます。また、ディスプレイの電源を本体より供給できるため、ケーブル混線を防ぎます。


今までに発表した製品 WEB MARTダイレクトシリーズ

閉じる